自力で探しても捜索願を出してもダメだったけれど...

諦めるのはコレを試してから!
これが今まで行方不明になっていた大切な人を見つけ出す方法です。

まずは無料で相談してみる

基本料金、必要経費、成功報酬でどのくらいの費用が必要になるか

探偵事務所に人探しを依頼しようとした場合、どのくらいの費用が必要になるのでしょうか。とても気になる問題です。失踪者や行方不明者の問題を解決する前に、お金を工面する問題が出てきてしまう人もいるかも知れませんね。

ですが、実際に人探しを探偵事務所などに依頼する場合、費用が発生してしまうことは避けては通れないことです。個人で人探しを行うよりもずっと効率が良く、そして、対象者を発見する成功率も高いわけですから、その分お金もかかるのは当然かも知れません。

肉親の捜索や、友人・恩師の所在確認ならともかく、トラブルを抱えて失踪した人の捜索に大金を使うわけにはいかない面もありますし、逆に、費用をつぎ込まないと発見することが出来ないかも知れませんよね。

では、実際のところ、人探しを専門家に依頼した場合、どの程度の費用が必要になるのでしょうか。

具体的な金額やそれに付随する詳細項目は探偵事務所ごとに異なってきます。それは、調査費用などの項目は、それぞれ独自の基準で料金の設定を行っているためです。

ただし、各社で共通する基準もあります。まず人員をどれだけ割くかです。当然のことながら動員する人数が多ければ多いほど費用がかさんで高くなります。1人につき1~2万円程度の日当が目安となります。

それから人探しの調査にかかる日数です。失踪者や行方不明者が見つかるまで調査してもらいたいと誰もが思うものですが、費用の問題を考えるとそんなに人探しを長期間続けてもらうわけにはいかなくなってしまいます。大体1~2カ月程度が目安になるようです。1日の基本料金に日数をかけた金額が費用となるわけです。

他にもまだまだ必要となる費用があります。

まず必要経費です。調査にかかった交通費やガソリン代などの必要経費を負担する必要も出てくる場合があります。それから、基本料金です。これは請求するところとしないところがありますが、依頼料の形で前もって発生する金額となります。基本料金は数万円のところが多いようです。

そして、最後に成功報酬です。無事に人探しが成功に終わった時に別途発生する料金です。この成功報酬に重点を置いている探偵事務所の方が安心して依頼できる面もあるかと思います。

こうした料金の内訳を把握しつつ、大まかな費用の確認と、どこの探偵事務所に仕事を依頼するかを決めるとよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ